wp_reduction-

WordPress小ネタ・長くなりがちなfunctions.phpを整頓しよう!

あなたの functions.php 長くなってませんか?

こんにちわ、まゆげは抜く派のAスケです。
今回は、WordPress小ネタと称しておりますが、正しくはPHPの使い方なお話になります。なのでPHPerの方は“回れ右”されることをオススメします。

切ってはなせないfunctions.php

テーマをご自身でカスタマイズしていく中で、必要不可欠と言っても過言ではない「functions.php」。いくつもの便利カスタマイズを施していくにあたり、とてつもなく長いファイルになっていませんか?

そんな状態を打ち破るべく、今回は小ネタをご紹介します。
まずは私のfunctions.phpをご覧ください。

functions.phpの中身1

これだけです。

require_once
という制御文を用いて、別のファイルを読み込んでいます。
この文で指定したファイルは1度だけ読み込み、既に読み込まれている場合は読み込まれません。

ちなみに似たもので、
require
というものがありますが、こちらは何度でも読み込もうとします。

読み方はリクワイヤ(ワンス)です。
さぁ、今すぐfunctions.phpに「require」と打ち込みながら「りくぅわいやー!」と叫びましょう。

テーマフォルダの中身

実際の構造を見てもらった方が分かりやすいと思うのですが

こうなってます。
ファイル名やフォルダ名などは適所、ご自身の環境に合わせて書き換えてください。

扱い方の例として
functions.phpの中身2
上記のように、自分なりにファイルの役割を持たせておくと、後々らくちんになることでしょう。

それでは、楽しいWordPressライフを!

2013/05/13 追記

@gatespace_kさんより、こんなのもあるよーということでWordPressの関数を教えていただきました!

これは便利!
Codexを見てみると
<?php locate_template( $template_names, $load, $require_once ) ?>
だそうで、$load で読み込むか否か、$require_once で1度だけ読み込むか・それとも何度も読み込むか、ですね!

というわけで上記のことを踏まえ、入力するとなると

で、紹介したrequire_onceと同じものになりますね!
1行で済むしスマート!

gatespaceさんありがとうございました!

One thought on “WordPress小ネタ・長くなりがちなfunctions.phpを整頓しよう!